本文へスキップ

                                          電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5397-3741

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3−34−10
だれやめや

みやざき地頭鶏とはMIYAZAKI JITOKKO

幻の地鶏  地頭鶏(じとっこ)とはなんぞや?

店内イメージ 地頭鶏(じとっこ)とは宮崎県や鹿児島県で古くから飼育されていた日本在来種で、今では天然記念物に指定されています。 みやざき地頭鶏はこの天然記念物「地頭鶏」を原種鶏とし、宮崎畜産試験場川南支場にて交雑種の開発が行われました。平成10年には交配様式を確立し、平成16年に「みやざき地頭鶏」と名称を改めました。だれやめやでは、平成20年10月12日に勉強を兼ねた見学会に行ってまいりましたが、とにかくJA日向(宮崎県日向市鶴町1-3-12)の地頭鶏を飼育する環境への気遣い、設備のすごさに驚かされました。簡単ではございますが、宮崎県が唯一地鶏として認めている「地頭鶏」についてご説明致します。

@飼育期間について

料理イメージ

 一般的な地鶏が孵化から80日以上飼育されるのに対し、幻の地鶏みやざき地頭鶏は雄は120日、雌は150日という長い期間、ストレスのない環境で手間隙と愛情を注がれて育ちます。


Aストレスのない飼育密度と飼育方法

食材イメージ

 一般的な地鶏が1平米あたり10羽で飼育されるのに対し、幻の地鶏みやざき地頭鶏は1平米あたり2羽以下で飼育されます。飼育密度が低いため、鶏にもストレスを感じさせることがありません。 みやざき地頭鶏は初生後1ヶ月から平飼いされるため、ヒナは地面を自由に運動でき、身の締まった肉質になります。
平飼いとは……鶏舎内、又は屋外において、鶏が床面(地面)を自由に運動できるようにして飼育する方法


Bみやざき地頭鶏の美味しさの秘密

食材イメージ

 当店のみやざき地頭鶏はヒナの生産から処理・販売まで全てJA日向が一元管理を行っています。「だれやめや」ではそのJA日向より直接仕入をしております。












  「だれやめや」が自信を持っておすすめ致します。是非ご賞味くださいませ!!


店舗イメージ

shop info.店舗情報

だれやめや

〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南3-34-10
TEL.03-5397-3741
FAX.03-5397-3741
HP.080-5607-4939
E-mail.dareyameya@yahoo.co.jp
営業時間
18:00〜23:30
ラストオーダー:22:30(お料理)
        23:00(お飲物)
定休日:月曜日
予約状況や祝日等で変更になる場合がございますので、ご来店の際はお気軽にご連絡下さい。


URL http://www.dareyameya.com/ メールアドレス dareyameya2009@yahoo.co.jp 電話番号 03-5397-3741
■↑QRコードからのアクセスも可能です。






ブログ始めました・・・。